タダシップには息切れの副作用がある

タダシップは、ED治療薬として海外の製薬メーカーが製造・販売しているものです。
このタダシップの有効成分には、血管を拡張させるという作用があり、性行為の数時間程度前までに飲んでおけば、有効成分が血液のなかを移動して男性の性器のほうまで到達します。
ここにはPDEとよばれる酵素があり、血管の平滑筋を収縮させて血液のめぐりを悪くしているのですが、タダシップの有効成分はPDEのはたらきを阻害してしまうため、血管が拡張されて血液のめぐりがよくなり、性器に血液が集まらないことから起こるEDの症状が改善されるのです。

このタダシップと同様の成分を含んだ別の銘柄の錠剤が、肺動脈性肺高血圧症という肺の血管の血圧に関連した病気の治療薬にもなっているとおり、服用することによって血圧を下げるという効果もあります。
これが健康体の人であればまったく問題はありませんが、場合によっては副作用としてネガティブにはたらいてしまうこともあります。

そうした血圧に関連した副作用として知られているのが、頭痛、めまい、動悸、息切れ、視覚異常などといった症状です。
こうした息切れなどの症状は、いずれも血圧の変化から起こる一過性のものですので、基本的には心配するほどのことはありません。
ただし、自動車を運転したり、機械を操作するような場合については、こうした軽易な症状でも安全の上で支障となることがありますので、気をつけておいたほうがよいといえます。
また、こうした副作用の症状は、心臓の疾患の人が飲む硝酸剤とよばれる医薬品と併用することによって、劇的に重くなってしまうことが指摘されていますので、併用などはしないように注意する必要があります。